スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中そば店@末広町

昨年は大晦日も麺活でしたが、

新年明けて、元旦も麺活でした(笑)。

普通の人は年末年始くらいは休むのですがね、

心の内に秘めたラーメン魂がそうさせないのかも知れませんね。

靖国神社に行った一昨年の元日に

高田馬場で二代目けいすけと末廣ラーメン本舗で食べたことが

元日麺活のきっかけになったのかな。

この日はネットでいろいろ調べたら

粋な一生さんが元日も営業という情報を見つけたので

前日と同じ秋葉原に突撃してみた(笑)

しかし、店は閉まってたwwww

5日からの営業だそう(笑)

グーグルのウェブページの情報しかないので、それに頼ったことが間違いであった(笑)

でも場所は秋葉原なので気を取り直して、良さそうなお店をさがして歩く。

すると前日と同じ末広町界隈へたどり着く(笑)

そこはピロピロ麺屋がそびえ立っていたww

新年の一発目んはふさわしくないと判断したので、

その向かいにある既に訪問したことがあるお店に決定。



田そば1


「田中そば店」さんです。

んー、昨年11月に訪問してますね。

その時はデフォラーでしたが、サイドメニューが気になっていたものでつい。

安心の人気実力店ですが、新年の一発目には新鮮さに欠けるかと入店してから気づくのでした。

ま、仕方ないんだけどね。

アキバには若者向けのお店が大半だし、正月だしで自分好みのお店・選択肢が限られてる訳ジャン。

前日の食べ納めたお店以外だとここしかなかったね。

この日選んだのは、山形辛味噌というメニュー。

なんとなく名前で味が想像出来る。

ラー博で一度食べたことがあるあのお店に近いのかな。

麺好きならだれでも想像しますね。

外の券売機で食券を購入して入店する。

17時頃で、客は数名で空いてる。

若者はみなガッツリ系に行っちゃうみたい?

でも店員さんたちは元気にテキパキと仕事をこなしている。

そして厨房と接客の女性店員さんとの会話も息が合っており、

決して無駄話には聞こえない。

でも厨房の男性店員は威勢が良すぎるww

どこから声を出しているのかと疑いたくなるような感じで、

突如デカい声で「いらっしゃいませ!!」

これには引いたwwww

自分の目の前でしたからね。


田そば2


山形辛味噌900円。

自分がラー博で食べた龍上海を思わせるビジュアル。


田そば4


田そば8


スープは甘めの優しい味噌味。

インパクトは弱めかな?

でも普通に美味しい。

龍上海もこんな感じだったかな??

よく覚えてません。


田そば5


辛味噌は少しずつ溶かした。

なぜかというと、その大昔に龍上海の時に失敗してるんです。

その時の店員さんに少しずつ溶かさないと辛いですと警鐘を鳴らされながらも、

無視して勢いで全部溶かしてしまい結局辛すぎてギブアップでしたww

まあ、少しずつでもかなり辛いので注意ですね。


田そば6

田そば7


チャーシューも麺と一緒に食べるとめちゃ旨い。

この美味しさで3枚とは十分なボリュームですね。


田そば9


平打ちの太?麺はツルツルシコシコで食感がとても心地よいものですね。

この麺の存在感はズバ抜けてます。


     

                                     (*^_^*)



やはり予想通りで安心の美味しさでした。

新年の一発目に相応しい味だったかというと???て感じだな。

なぜこのメニュー構成なのか分かりませんな。

田中屋@牛込神楽坂にも確か山形辛味噌ってあったような気がしたんだが…

ま、今後これを食べるのはかなり後になると思います(笑)

店を出た後は、田なかさんに向かいましたが閉店してました。

その後も界隈を探したけどどこもコッテリ&ガッツリ系ばかり。

なので二軒目には行かずに帰宅しました。

後ではるかでまぜそばを食べるべきだと後悔したよ(笑)

この日はもっと早起きするべきだったwwww

御馳走様でした。




食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13137336/




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。