スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピロピロ麺屋@末広町

新年明けました。

昨年末の30日、後藤麺の年越しそばもどきの記事をアップして、

翌31日にも食べ納めの記事を書くつもりでしたが、

年末年始も食いまくりなんで、

遠征の疲れ?が原因で暫く放置になってしまった。

なので今回は31日の食べ納めレポしたいと思います。

ラーメン好きで普通の人?は30日には食べ歩きを切り上げるはずですが、

自分は最近、年越しラーメンなどで味をしめてしまい休まず食いまくってます。

昨年はG麺、啜り、ロ麺ズの後藤麺を頂く予定でした。

しかし、当日寝坊してしまいまして(笑)

気が付けば13時頃しか出られない状態になっちゃいました。

啜りの鶏白湯、ロ麺ズは30日にかなり出たので

次の日は早めの売り切れの可能性が高いと後藤氏は仰ってましたので、

売り切れだとリスクが高いでスパっと諦めて都内へ遠征に出た。

末広町に昨年12月30日にオープンし、

年末年始も休まない通し営業の淡麗系ラーメンの新店があるという情報を得た。

そこを目指して御徒町へ向かった。

京浜東北線・御徒町駅で降りて徒歩で末広町駅前のハロショのところに移動した。

そこから蔵前通りの路地裏に出て、田中そば店の向かい側に気になっていたお店を発見。

かなり気になっているお店ですが、こんなところにあったのか!とそのまま吸い込まれた。


ピロ1


「ピロピロ麺屋」さんです。

まだオープンして日が浅いと思います。

佐野ラーメンのお店です。

ご当地ラーメンの佐野系の万里というお店のオマージュだそうですが、

万里ってもしかしてあの有名な行列店…、

そう巨人小関コーチの実家のラーメン屋だよね。

あと他にもハロショの近くという立地もなんか関係あるのかな?(笑)

(分かる人には分かるネタ)


ピロ2

外の券売機。

メニューはいろいろ。

個人的には豚骨ボロネーゼがめちゃ気になりますな。

ピロ3

ピロ4

店内卓上の写真ですが、飲み屋系も揃えてますね(笑)

ピロ5

特製醤油850円。

ピロ6

ピロ10

澄んだ醤油味のスープはとてもあっさりしている。

素材は分からないけどバランス型の味わいでもある。

優しくてコクも感じられる、洗練された感じで美味しい。

これは都内でもやっていける味かと思います。

ピロ7

ピロ8

海苔は風味豊かでこれまた美味しい。

ピロ9

薄く切られたチャーシューは味付けがっかりしていてこれまた美味しい。

しかし、スープが優しくてスッキリしているので、

これらの具ちゃんたちは味わいを掻き消してしまいそうでもある。

ピロ11

ウェーブのかかった平打ち太麺ですが、

これが意表を突くような柔らかさ!

全然ピロピロじゃないね。

ふわふわしてつかみどころがない感じで、

雲呑の皮を食べている食感なんだよね(笑)

白河系のようなものを期待していたが。

ネットのみなさんはきしめんのようだと表現される方が多いです(笑)

感想は殆どの人が自分と同じみたい。



                                     ((((;´・ω・`)))



スープ、具はハイレベルと言えますが、

麺はピロピロではなかったのが残念。

かなりいい線行ってるので本当、惜しいというか…。

固めにしてくれれば通いたいと思える要素あるんですがね。

暫く様子を見ます。

本当、きしめんというのは上手い例えだわさw

御馳走様でした。






食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13190088/



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。