スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製麺SHIN@反町

限定麺の食レポです。

自家製麺SHIN@反町さんのアゴ細つけ麺が販売されると以前からコールされてたので、

行きました。

この日は14日の木曜日・夜の部狙い。

熱血らーめんで食べた後に寄りました。

濃厚なラーメンの後にあっさり系とは、

なんかこの辺り食べる順位が違うようだけど、

SHINさんの夜の部狙うには仕方がない調整でした。

アゴのつけ麺と聞きましたが、

これまでもちょくちょく名前は聞きますが未食です。

いつもSHINさんは営業時間が認識しにくくて、食べ逃した限定は数知れず。

この日は夜の部が開店すると女将さんが私服で出てきまして、

お客に挨拶した。

調理のほうは息子さんを独り立ちさせるために任せているそうだ。



アゴつけ1


開店3周年記念で販売されていたのですね。

なのでアゴ塩ラーメンのように思ったほど頻繁にやってた訳じゃないのですね。


アゴつけ2


アゴ細つけ麺850円。


アゴつけ3


つけダレには薬味に長葱、三つ葉、柚子皮などが入る。

豚骨、鶏ガラ、数種類の煮干しと焼きアゴ、昆布などで構成される醤油味。


アゴつけ4


麺はレギュラーラーメンと同じ240gの中?細麺。


アゴつけ5

アゴつけ6


ローストポーク二枚は柔らかい肉質で文句なしに美味しかった。


アゴつけ7


麺の器はアゴ出汁塩味の水出しスタイルになってます。

結局、これが割汁になるのだと思い、そのように致しました。


アゴつけ8

アゴつけ9

アゴつけ10



つけダレはシンプルな旨味でキレのある醤油味でそばつゆを思わせる。

パンチのあるアゴ出汁も濃いめの醤油味を更にキレを引き出しているようだ。

三つ葉や柚子が清涼感を強めているのもかなりの高ポイント。

特に柚子は奥深さを演出しており、上品な魅力だ。

麺も表面はフワっとした柔らかな感覚で、

歯応えはシコシコしておりこれも蕎麦をイメージさせるような食感だ。

全体的にも日本蕎麦のさるそばを食べているような感覚で、

かなり楽しめたな。



                                  (・∀・)スースキスースキスー♪



予想では塩つけ麺だと思っていただけに、良い意味で裏切られたかな。

これは何度でも食べたい味。

GW期間まで提供されるのでリピートは必至だ。

そろそろレギュラーのつけ麺も食べたくなってきたので、

限定の合間にでも狙ってみます。

ご馳走様でした。






実食日・2016年4月14日

食べログのリンク↓

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14050343/



スポンサーサイト
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。