スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の老舗洋食屋  津久志亭         上大岡

 
最近、洋食に嵌ってます。
 
グルメサイト等で地元を中心に検索しています。
 
検索で調べたお店に食べに行くのですが、
 
サイトの評価とは違う印象を持ってしまったこともあります。
 
サイトでの評価が高いからといって美味しいとは限りませんし、
 
その逆のケースもあります。
  
判断基準は自分の舌で試してみるのが一番のようですね。
 
                                   
 
今回はブロ友さんの記事で紹介されていたお店で、
 
グルメサイトの検索でも一番目にヒットするほど
 
地元で評判の良いお店です。
 




 
「洋食・津久志亭」さんです。
 
「ミオカ」の隣にあります。
 
昭和30年代初期に創業された老舗洋食料理店。
 
地元に密着した人気店です。
 
外装・内装とも和食料理屋のような作りです。
 
店内はカウンター6席テーブル四人がけ2席ほど。あまり広くないです。
 
何時も満席で地元の常連さんで賑わっています。
 
創業当初はカレーもやっていたそうですが、レトルトカレーの普及で
 
世間がカレー本来の美味しさを忘れてしまったことが理由で
 
やめてしまったと女将さんが話されてました。
 
ここはポークソテーとポークチャップが有名だそうです。
 
自分はこういう料理は初めてなんで、ワクワクします(そんな年でもないか)。

 


 
お値段はちょっと高めに感じますね。
 
メンチカツ定食も気になります。

 

 
ポークチャップ1050円+ライス250円
 
ポークチャップとは…。
 
元々、ポークチョップの呼び方が訛ったもの。
 
ポークチョップとは、
 
豚の骨付きロース肉を油で炒めて、ケチャップで味付けしたアメリカ料理。
 
あばら肉を分けるときに、包丁で叩き割る(チョップ)ために
 
この名がついた。
 
女将さんいわく、骨をつけると価格がつり上がるため取り除いたそう。
 
それで骨を抜いたポークチャップとして提供するようになったそうです。
 
お店によって味付けの材料は違い、パイナップルを使用するお店も
 
あるそうな。
 

 
硬めの肉は噛みだまってしまうのではないかと初め思ったが、
 
硬すぎず柔らかすぎずの食感は見事である。
 
ケチャップを加えたドミグラスソースの味付けはさっぱりとして、
 
旨みも良く感じられるもの。
 
極上の美味しさ!!
 
ポテトサラダは強めの味付けだが、しっかりした旨さだ。
 
                          
 
基本に忠実な作業方法で作り出される肉料理のようです。
 
肉はオーダーが入ってから切ってました。
 
上質の旨い洋食て感じです。
 
50年近く昔から変わらぬ味を提供されてらっしゃるのは、
 
大変なことだと思います。
 
確かな技術があってのことなんでしょうね。
 
価格は洋食店としては普通かな。ランチとしては高めですね。
 
ここはこれから通いつめて取材したいと思います。
 
地元の有名店ですし、もっといろいろ追求してみたいので。
 
ご馳走様でした。
 
 
 
 
 
神奈川県横浜市港南区上大岡西2-10-37
 
営業時間
 
11:00~16:00(LO15:30)、
17:00~21:00(LO20:30)
 
定休日
木曜
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。