スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷やしニボ第二弾!めじろ  川崎BEラーメンシンフォニー店

 
川崎のラーメンシンフォニーに行って来ました。
 
この日はある用事があって川崎に来たのですが、その腹ごしらえの為
 
界隈で食事をとることにしたのです。
 
(何故か多いですね、川崎)
 
この辺のラーメン屋も激戦区となり、選択肢が多くなってきました。
 
自分の好みのお店は大抵駅から遠方にあります。
 
この日はもの凄く暑い日でした。
 
これから更に、暑い思いをしなければいけない時なので
 
近場でサッパリしたものを頂きたいと考えまして、
 
こういう選択になりました。

 

 
「めじろ」さんです。
 
このお店は以前、藤沢に本店がありまして良く行きました。
 
現在は代々木にて営業してます。
 
無化調を謳った和風のあっさりスープで、古くからラーメン界を
 
リードしてきたお店だと思われます。
 
しかし、代々木に移転してからこの川崎の集合施設に出店したことには
 
驚きました。
 
真面目にラーメンを作る、職人肌のお店だと思ってましたので。
 
ラーメンに対する考え方が変わってしまったのかな?
 
そんな感じで変わってしまったお店、沢山ありますよね?
 
実際、何度か訪問しましたが味のクオリティが本店に及んでません。
 
厳しい言い方をすると、
 
本店の暖簾にあぐらをかいているお店だと思いました。
 
それ故に、ここ最近は足が遠のいてました。

 
商売っ気を出してつまずいたかな?
 
特にその味の落ち方は、例えば醤油煮干ですが本店では冷やしを含めて
 
美味しかったのですがこちらは全く味がしないのです。
 
酷いと思いました。
 
他のメニューもそんな感じでした。
 
本店は真面目なイメージがあるので、余計に憤りを感じました。
 
では何故、今回セレクトしたかと言うと
 
冷やし煮干塩に関してはそこそこ無難に美味しかったのです。
 
そんな僅かな希望を胸に抱いて、久々の訪問です。
 

 
冷やしサワーラーメン900円。
 

 
ポークカレー飯300円。
 


 
冷やしサワーラーメンは煮干塩味です。
 
揚げ葱が沢山浮いているのが、特徴です。
 
配膳直前に機器を使って、サワーを吹きかけるのですが
 
直ぐに溶けてしまいます。
 
通常のラーメンをそのまま冷やした感じの、普通の冷やしラーメンです。
 
味のほうも普通に美味しい「めじろ」クラスの和風塩ラーメンです。
 
煮干もインパクトが強めですが、過剰な程ではなく
 
塩の甘味と上手くマッチしてます。
 
無化調らしく、サッパリして美味しいと思います。
 
のど越しの良さを感じます。
 
しかし、味付けはわずかながらチープさを感じました。
 

 
自家製の細麺は冷やしだけにそれなりに、良い歯ごたえでした。
 
このラーメンは、ほぼ期待通りでした。
 
これなら暑いときブラリと立ち寄る価値があると思いました。
 



 
ポークカレー飯は、蕎麦やの甘い味付けタイプよりは抑え目の味で
 
普通に美味しかったです。
 
                                                                         
 
冷やし塩煮干は良かったです。
 
でも、醤油は不安なので再訪して試します。
 
それでダメならお終いですね(笑)、ここの煮干醤油味は。
 
                                                                          
 
七重の味というコンセプトですが、
 
食べ始めと終わりで味が変わるらしいですが
 
そんな風には感じられませんでした。
 
 
 
ご馳走様でした。
 
 
 
 
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1
 
川崎BE ラーメンシンフォニーB1F
 
11:00~22:30
 
無休
 

 
 
 
スポンサーサイト

秘境!?の絶品支那そば   かずら・犬蔵

 
ブロ友のcdbhk231さんとラーメンを食べて来ました。
 
お誘いを受けまして、彼のラーメンに対する熱い情熱を感じ取りましたので
同席させて頂きました。
 
そのラーメンとは知る人ぞ知る「絶品の支那そば」だそうです。
どんなラーメンでしょうか。
 

この空白が消去できないんだよな、行をバックスペースすると上の写真が消えてしまう。どゆこと? 

 
「かずら」さんです。
 
場所は川崎の宮前区の辺鄙な場所にあります。
 
どの駅からも遠いので、たまプラーザ駅で待ち合わせしました。
 
大通りに面しておりますが、駐車場はありません。
 
徒歩で訪れるのが困難な場所にあります。正に秘境ですね。
 
まあ、周囲に飲食店は武蔵家など沢山ありますが。
 
                        
 
目立たない小さな佇まいで、カウンター8席ほど。
 
年配のご主人が一人で切り盛りしてます。
 
この方はラーメン一筋という職人肌で、
 
真面目にラーメンを作っていらっしゃる感じです。
 
後で、いろいろとラーメン関係の深いお話を聞かせて頂きました。
 
                        
 
 
メニューは醤油豚骨ラーメン、支那そば、味噌ラーメン、塩ラーメン。
 
支那そばと塩は魚介系あっさりスープです。
 
 
cdbさんは塩ラーメンを選択、自分はオススメされた支那そばを。
 
 
支那そば650円。
 
いかにも、支那そばというヴィジュアル。
 

 
鶏がらベースと思われる、あっさりした醤油味のスープ。
 
魚介ダシが効きまくってマス!!
 
シンプルで店主さんを思わせる真面目な味わいです。
 
超好み!!
 
昔ながらの、油濃さのないスッキリした味わいのラーメンですね。
 

  
麺は細いストレート麺。
 
普通の歯ごたえ?
 
(記憶自信ありません、しかもこの時酒飲んでましたから残念!)
 
汁との絡みは良かったです。これが悪いと記憶に残ります。
 
 
チャーシューはバラ肉で柔らかくて、美味しい支那そば系の定番。
 
その他、具は特に問題なし。
 
                         
 
 
 
 いやあ、超絶に美味しかった。
 
cdbさんのお気に入りですが、ここまで本格的に美味しいとは
 
思いませんでした。
 
最近は濃厚系ばかりで、自分の本来の好きな味を食べていなかったことに
 
気づきました。
 
こんな徒歩客が寄り付かないような場所で勿体無いくらいです。
 
自分は事前にこんなお店があるなんて、全く知りませんでした。
 
地元民の他は、一般的にあまり知られていないのでは。
 
                        
 
 
再訪決定したいですが、この場所まで来るのが面倒です。
 
自分は車を運転しないので、バスでしょう。
 
是非、また行きたいんだけど。
 
取材の為、一人で行きたいのです。
 
そして、ご主人といろいろお話したいです。
 
 
 
cdbさん、お疲れ様でした。
 
同席させて頂きまして、有難う御座いました。
 
そして、ご主人様
 
ご馳走様でした。
 
 
  

 営業時間は12:00開始に変更されました。
 
 
神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-17-19
   

ホテルのラウンジでラーメンを!   中華そば  おかべ   川崎

 
川崎にやって来ました。
 
先日、ゲストブックに訪問して下さいました方(女性
)が
 
私CDHG860に是非、食してその感想を聞きたいと
 
紹介されたお店があります。
 
それは、中華そば「おかべ」さんです。
 
言われた事は直ぐにやるのが自分の流儀(大ウソ)。
 
さっそく訪問しました。

 
                                  
 
実は、以前から気になっていたお店なんです。
 
東口方面のお店はいくつか紹介してますが、西口側は何故か
 
さっぱりでした。
 
自分は京急線の駅を利用しており、JR駅を通過するのが面倒でした。
 
しかし、このお店には線路下の通りを通過して
 
直ぐの場所なんで京急の駅からも楽に移動できました。
 
昼時は人気店なので、行列必至だそうです。
 
夜の営業をしばらく休んでいましたが、再開しました。
 



 
珍しい外観ですね。
このお店はビジネスホテルの1Fにあります。
ホテルの経営者のお子さんご夫婦がラーメン店を営業しているそうです。
 
                        

 
入り口扉を開けて店内に入ると、左手には受付が御座います。
 
右手にはエレベーター、階段が御座います。
 
正面方向へあるくと券売機が御座います。その真っ直ぐ奥に行きますと
 
お店があります。
 
本来ならラウンジでしょう。
 

 
カウンター席が10ほどでしょうか。テーブル席も二組くらいあります。
奥に入ったところが厨房になってます。
あまり広くないです。 
  
随分前からいろんなメディアで情報は既に掌握済みなのですが、
今回が初訪問です。
濃厚魚介豚骨ラーメンということですが、
どんな感じでしょうか。

 



 
メニューの構成は
中華そば、つけ麺、坦々麺、坦々つけ麺です。
並盛、大盛が同料金です。
特盛から100円以上の有料となります。
つけ麺が一番人気で、お店の一押しでもあるそうです。
 

 
味玉中華そば750円(並盛)
 

 
評判通りの濃厚系です。魚介ダシもじんわりと効いているタイプ。
タレの味付けも優しい感じで、全体的にもマイルドな印象で
流行のパンチを効かせたタイプとは違う。
ありきたりの魚介豚骨に飽き気味の舌には、安らぎを覚えるようだ。
薄口だが、自分は後を引く旨さを感じる。
 

 
麺は中細いストレートで、硬めで歯応え十分だ。
細い麺はこの手の濃厚系スープには珍しいと思われるかもだが、
スープが控えめな味付けなんで相性は悪くない。
大成食品の麺だそうです。
 
気に入った。
スープと麺の相性を考えたラーメンでした。発想に捻りがあって
新鮮だった。
ありきたりの濃厚系とは違いました。

 

 
味玉坦々麺850円
 


 
こちらが人気の坦々麺。
スープを一口啜る。「甘い」。
練りゴマ風味や唐辛子の辛味はほんのり出ているが、
スープ全体を甘い味が支配する。
甘味が強い坦々麺。
 

 
原因は挽肉の味付けが甘く、それがスープに広まっていることだ。
以前の錦堂・町田の鯖の煮魚ダシに似た様な甘味です。
意図的かも。
 
自分は辛いヤツが好きですが、これはこれで完成された一杯だと思う。
こういうタイプの坦々麺が好きだという方が、沢山いらっしゃいます。
 
いいんじゃないでしょうか。
 
ごめんチャイ
 
                       
               
 
お店全体としては、ほぼ期待通りでした。
 
中華そばはマジウマ━━━。.:*・゜(゜∀゜)゜・*:.。.━━━イ です。
 
このお店はつけ麺が一番人気のようですので、次回はつけ狙いで行きます。
 
美味しいラーメンを教えて下さいまして
 
有難う御座いました。
 
 
ご馳走様でした。

 
 
 
 
 
神奈川県川崎市幸区幸町1-748-1
 
 
 
 
 
 
 
 

今夜はしゃぶしゃぶ?それとも鍋焼き?       麺屋遊柳・武蔵新城

 
武蔵新城までやってきたので、ついでにもう一軒訪問しようと思います。
なかはらーめんさんのブログ等で紹介されていたお店です。

 




 
「遊柳」さんです。
個性的なつけ麺で話題になってます。
各メディアでも取り上げられているようです。
 
外観は和食料理屋のような雰囲気の店構えです。
店内も寿司屋などを思わせるカウンター席で、
会社帰りに癒されそうな空間がある。
テーブル席もあるので、家族や仕事仲間と行くのもいい感じ。
会話・談話がはずみそう。
 


 
ラーメン好きの中にはつけ麺が嫌いな人がいます。
 
理由は水で冷した麺をつけダレにつけると、
 
食べていくうちにつけダレが冷めてしまい(水を切っても)
 
美味しくなくなるということです。
 
自分はあまり気になりませんが。
 
                        
 
 
そんなつけ麺の欠点をどう補うかという課題に
取り組んだお店があります。
それが、今回紹介する「遊柳」さんです。
どんなつけ麺が出てくるのでしょうか。
 


 
 
鉄鍋つけ麺(小)700円(200g)+豚しゃぶご飯250円。
 
でーーん!
つけダレが冷めないように、なんと鉄鍋を固形燃料を使った小型コンロで
加熱しながら頂く方式です。
これならいつでも熱々で頂けますね。
 
この鉄鍋方式と通常の方式が選択できますが、ブログネタということで
当然鉄鍋をチョイス。
麺の湯で時間は12分とのこと。
 


 
食べ方1
麺を熱々のつけダレに入れる。
 

 
食べ方2
鉄鍋に入れた状態では、火傷するので予め用意される取り皿に麺を移す。
取り皿にてパクパク。
 
 しゃぶしゃぶ形式ですな。

 



 
今時の濃厚魚介豚骨スープです。
つけダレは普通のつけダレよりも味が濃い目・しょっぱめになってます。
麺を汁につけてから、更に別皿に移すという二度手間を想定してのことか
濃い目に設定されてます。
甘味があります。
メンマは強い甘味があり、チャーシューはトロリとして美味しい!
 

 
麺は太麺と平打ちのいずれかを選べます。
太麺をオーダーしたはずですが、写真はどう見ても平打ちみたいです。
硬めでゴワゴワして、弾力もある歯応えある力強い麺です。
全粒粉?
 
取り皿で頂く時もしっかりとつけダレの味が染み込んでおり、
美味しさを十分味わえるほどに麺の吸収力が良いです。
 
つけダレが甘くてしょっぱいので、これに太い麺を絡めるのは

 
まるで鍋焼き饂飩を食べてるような感覚です。
 
しかし、店主さんはイタリアンの元シェフだそうです。
 


 
麺を食べ終わったら、スープ割り。
 

 
サッパリした味付けの豚しゃぶご飯は、つけ麺の味が濃い目なんで交互に
 
食べるといい箸休めになります。
 
                         
 
 
斬新なアイディアでつけ麺の弱点を克服しようとする試みですが
 
自分は普通の方式で満足してるので、特に有り難味を感じませんでした。
 
でも、面白い発想だと思います。
 
味も今時のつけ麺で好みのタイプだし。
 
再訪問ありですね。
 
ご馳走様でした。

 
 
 
 
 
神奈川県川崎市中原区新城1-11-3
 
営業時間
11:30ー23:00
 
無休
 
 
 
 

新のすけ           武蔵新城



 
最近フリークの間で話題のお店にやってきました。
 
武蔵新城の「新のすけ」さんです。
 
戸塚に同名のお店がありますが関係なさそうです。
 
情報によると、京浜式坦々麺のお店だそうです。
 
前の記事で紹介した「上大岡・タンタン」と同じジャンルのようです。
 
自分の食べなれたジャンルのラーメンなんで、
 
味の違いを確かめるのが楽しみ。
 
JR南武線・武蔵新城駅を下車して5分くらいのところです。
 
南武線はよく利用するのですが、この駅を訪れるのは今回が初めてです。
 
評判の良いラーメン屋が多くなったようです。
 
プチ激戦区か。
 
少し歩いて到着。
 
写真では分かりにくいですが、白と青の外装は結構、派手な印象ですな。
 
自分は怪しいお店にも見えましたよ。
 
そういうお店は嫌いじゃないけど。
 
1979年創業の老舗。
 
2007年にここに移転してきたそうです。
 
店内はアットホームな雰囲気なんで、家族連れで寛げそうです。
 
実際、家族連れが先客でした。
 
基本的には中華料理屋のようです。
 




 
メニューが豊富です。ラーメン類の多さは半端じゃないです。
 
特製タンタン麺だけでも、トマト味、塩味、豚骨味、醤油味、
 
味噌味がある。
 
とりあえず、ここは基本の特製タンタン麺で。
 
前評判では上大岡タンタンを精密にした感じだそうですが、
 
どうでしょうか。
 


 
特製タンタン麺700円。
 



 
 
溶き卵、ミンチ、ゴマ、生姜が具として乗ってます。
 
上大岡と少し違いますね。
 
スープは塩ベースで甘味があり、あっさりした感じです。
 
タンタンにはない生姜によって、爽やかな辛味が活かされてます。
 
そういった要素がバランス良く一体となって味わえる。
 
辛さはこちらも大したことないです。
 
やはり評判通り、ワイルドな食感の上大岡タンタンを洗練させた印象です。
 
このサッパリ感のある味は想像つきませんでした。これには驚きました。
  
 
中太ストレート麺はモッチリ感もあり、歯応え十分の美味しい麺。
 
マイルドなスープとの相性が良い。見た目は西山とか北海道系に
 
似てますね。
 
上大岡のほうが、ボテっとした印象。
 
 
                        
 
 
 
全体的にさっぱりしたマイルドな京浜式タンタン麺かな。
 
上大岡タンタンは食後、ニンニクのドギツさがものすごく後を引き
 
「もういいや」
 
一時的にそんな気分にさせる。
 
しかし、こちらは後味もさっぱりしている。
 
味覚に残らず、記憶には残る感じかな。
 
美味しい料理に大事な要素だと思います。
 
                         
 
寒い時にガッツリ食べて温まりたい系の上大岡タンタン。
 
それに対してこちらはクセのない味なので、
 
何時でも(仕事前でも)イケそうですね。
 
これは噂通り、洗練された飽きのこないラーメンだ。
 
かなり気に入りました。
 
                          
 
 
他のメニューも気になります。
 
通いたいのですが、ウチから遠いんですよねー。
 
ここは中原区ですからね。
 
だれか近くに住んでらっしゃる方で、レポして下さればいいな。
 
 
 
これは良いお店見つけました。
 
ご馳走様でした。
 
 

神奈川県川崎市中原区上新城2-2-20
 
営業時間
 
11:30ー23:30
 
無休
 
 
 
 
 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。