スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神豚@横須賀中央

最近、横浜WALKER誌を読んでいたらとても気になる情報をキャッチしました。

横須賀の家系ラーメン店・大津家が二郎インスパイア系ラーメンを提供しているというものですが、

それ系といえば「赤ひげ」が好印象だったので

期待が高まりました。

神1

神2


「神豚」さんです。

横須賀中央駅から徒歩2分ほどの好立地。

モスバーガーと花月嵐の間の奥まったところにあります。

前述の大津家のセカンドブランドで、5/28オープン。

店内は接客の女性二名(綺麗な人がいます)、厨房には大将と助手の二名。

カウンターのみで、12席ほど。

入店時、半分の入りだったので未だ知られてないと思い安心したが、

食券購入後着席したとたん満席になり

店内に並びができてしまった。

かなり浸透していたのですねww。

客層は全員若い男!

体育会系の学生ぽい。

神4

メニューはラーメン小250g、大420g、+100円で汁無しなど。

小250gはやや二郎よりも少なめか。

赤ひげの失敗から小をオーダー。

横浜WALKERのコラボ品、辛豚150円は券売機にはないので黒烏龍茶にした。

神6

神7


小豚ニンニク増し850円+黒烏龍茶170円

神9

大蒜増しは失敗すると取り返しがつかなくなるのだが、

良い判断材料になるので一応、オーダーした。

大蒜は初めは弄らないで、そのままに。

少し溶かしてあとの大半は後半に残す。

神8

トロトロに軟らかくブ厚い豚肉が8枚?くらいあります。

味も染みていて単品でも神の旨さ!

堪らん!!

神10

非乳化スープは豚骨と香味野菜を煮込んだもの。

タレが強く出ていて、甘辛い二郎ぽい味です。

これは当たりです!!

二郎と殆ど変わらないテイストで、赤ひげよりも二郎に近い印象です。

ただ不満ではないが、スープの量が少ない。

増量希望!

神11

太い麺は平打ちでワシワシと食べる硬めのもの。

旨いです。



そして焦点である大蒜ですが、最初は一破片崩した程度ですが

かなりしょっぱくなってしまったので大半を残した。

辛くて取り返しつかなくなるという感じではなく、

ワイルドな味に変貌という感じかな(謎)ww。

やはり私には過剰ですな。

いきなり全部混ぜたら大変なことになったでしょう。



ラーメンはかなり旨いので、次回からは増しコールなしで行きます。

文句なし、旨い!!

これぞ男の一杯ですな!!

赤ひげよりも好きかも!

駅から近いのが便利ですな。

大分浸透してしまっているようですが、私も通います。

大蒜がなければスープ全部飲み完食できそうですので。

他の体育会系学生と思しき連中は大豚ダブルなんて恐ろしいものをたのんでました。

私には無理だー。

ご馳走様でした。





神奈川県横須賀市若松町1-2

営業時間

11:00~15:00、

17:00~22:00

定休日

日曜


スポンサーサイト

最後の家系!?本牧家・汐入店

 

 

 
本牧家汐入店にやってきました。
 
今年の5月のことです。
 
ウチの近所に本店があるので10年前から通ってます。
 
家系の御三家といわれる本牧家といえば、
 
かつては間門に居をかまえておりました。
 
しかし、ある事情から下永谷へ移転しました。
 
自分は間門時代は知りません。
 
下永谷の本牧家が好きになりました。
 
店員さんのH氏と去年あたりから親交ができました。
 
何年も通いながら、店員さんとお話をするのは最近になってからでした。
 
会話を通してお互いの意外な素顔を知るなど、驚いたりしながら
 
親しい関係を築いたのです。
 
そのH氏が突如、横須賀の汐入の支店に異動になりました。
 
理由は分かりませんが。
 
本牧家を長きにわたり支えてきた人なんで、
 
様子を見に行くことにしました。
 
                             


 
入口から縦に長い店内です。
 
カウンターのみ、10席ほどかな。
 
外装内装共にお洒落な飲み屋さんという感じです。
 
本店よりも女性には入りやすい雰囲気だと思います。
 
店はそのH氏が一人で切り盛りしてます。
 
自分が顔を出すと「お、」と驚いた様子。
 
自分のことを、何故か「達人」と呼んで下さるH氏と久々の対面です。
 
仕事帰りの夕方18:00過ぎに訪問で、お客は前1名。
 
後からぞろぞろ入店で半分くらい埋まる。
 
一人退店しても、後から交代のように入店してきます。
 
印象としては結構入ってます。
 
16号沿いにありまして、外国人客が多いです。
 
隣はcoco壱です。
 
周辺にはステーキハウスなどの飲食店が沢山あります。
 
あまり良い立地とは思えません。
 
当時の本店の味は不安定だったので、
 
H氏がどんなラーメンを作るか期待が高まります。
 
いろいろ会話をしながら、ラーメンを注文する。
 

 
ラーメン中盛750円+味玉110円
 

 
いわゆる豚骨と鶏がらでダシをとった家系醤油ラーメン。
 
本店よりも粘度が高いですね。
 
本牧家独特のタレの味は健在です。
 
寿々喜家とも似ている味ですね。
 
好きな味なんです。
 
家系としてはあっさりしてますが、確かなコクがあります。
 
旨いです!
 

 
麺は天下?の酒井製麺の太麺。
 
お馴染みの平打ちぽい、やや縮れた麺です。
 
他の店に比べて軟らかめですが、しっかりと美味しいです。
 
川崎家本店のモチモチ感とは違うし、
 
直系店のキレのある感じとも違いますね。
 

 
味気ない感じのチャーシューはこれでいいのです!!
 
家系のチャーシューは味が美味しいと個人的にはダメです。
 
端休め程度の味わいで良いのです。
 
硬いというのは好みの問題でしょう。
 
                                  


 
相変わらず安定した旨さでした。
 
心無い人達には味が薄くてコクがなくなったとかいわれるようですが、
 
そんなことありません。
 
ライトですが、味わい深い家系ラーメンだと思います。
 
自分は本牧家が好きです。
 
これからも本牧家に通います。

 
しかし、ここは油の使用量が多いのかお腹に来ます(汗)。
 
ですので最近は家系や二郎系は控えております。
 
5月以来まともに食べてませんね。
 
大好きなのに。
 
間隔があいたので、そろそろ再訪しようかな。
 
ご馳走様でした。
 
                 
                          


 
 
 
 
 
神奈川県横須賀市本町3-33-3
 
営業時間
 
11:30~15:00、
17:00~23:00
 
定休日
 
火曜、第4水曜

 
 
 

麺や永志        久里浜

能見台のカレーが量的に物足りないので、横須賀にラーメンしに来ました。

このエリアは家系が多いけど、最近は自分も気になるお店が増えました。

そのうちの一軒に訪問です。

一部で評判のお店「麺や・永志」さんにやって来ました。




ご主人はロック歌手・矢沢永吉のファンということで、店内にもYAZAWAグッズが

飾られております。

流星軒ほど派手な感じではないですが。

店内はカウンターのみ。清潔感があって落ち着きます。いいですね。

さて、どんなラーメンが出てくるんでしょうかね。





昭和な?中華そば(醤油味)650円+豚飯250円+味玉100円。


鰹などの魚介系と豚骨、鶏ガラ、野菜を混ぜたスープらしいです。

鰹ダシは結構利いてますね。あとを引く感じがあります。

味は若干ぼやけた感じですね。ダシの良さを生かせてないようで、ちょっと残念。

淡麗系の醤油味に多く見られる傾向と似てます。


麺は中華麺と流行の全粒分麺がチョイスできますが、今回は前者を選択。

中細のストレート麺は硬めで日本蕎麦のような食感です。

自分は好きです。

全体的に蕎麦をイメージした感じでしょうか。



基本的にいい線行ってますが、もうちょいですかね。

コンセプト的に自分の理想に近いラーメンなんで、応援します。

これからの期待大というところでしょうか。

もしかしたら塩のほうが分かりやすい味かもしれないです。

全粒分麺のほうが汁に合ってるという話も聞きますので、再訪してみたいです。

ご馳走様でした。










神奈川県横須賀市久里浜4-16-4

営業時間  11:00~14:30、17:30~22:30

不定休




 私のおすすめ:
電子タバコ カートリッジ★電子たばこ 煙草

嶋や     安浦町

12月は自分にとって素晴らしい月間だった。

多少、資金に余裕があったので

記事を沢山アップすることができた。

しかし金の切れ目がネタの切れ目、来月からはまた通常通りになると思う。

試験勉強で更に忙しくなるし、ブログどころではないかも知れない。

新たな分野を開拓することも視野に入れている。

ということで、ストックを整理する。


「嶋や」さんです。何日か前に行きました。風邪が長引き、一年振りになる。

ご主人の大島氏はラーメン博物館の社員でした。

そこをキッカケに六角家、井出商店を経て「紀一・上永谷」で独立する。

その後、紀一で集合施設を渡り歩き「嶋や」を立ち上げます。

和歌山ラーメンを独自に進化させたラーメンと言えるでしょう。

自分は「紀一」時代はよく利用しました。

あの独特の豚骨スープはクセになる旨さでした。

もっと多くのラーメン好きの人に理解してほしかった。


チャーシュー麺800円+味玉100円


賄い丼300円

肉を細かく刻んでピリ辛の味付けで仕上げたもの。旨い!


紀一以来の豚骨醤油スープに、葱油を加えて甘味を出した新しい味。

マイルドな味わいのスープは、豚骨らしい脂っこさやしつこさはない。

飲みやすいです。

家系を意識していると思う。紀一時代は家系に苦戦したようです。

個人的には醤油の味を強調した紀一の方が好きでした。




このバラ肉チャーシューがいいんですよ!具財としては大したことないんでしょうが、

これもクセになる旨さ。

自分は細い麺にチャーシューを絡めて食すのが好きです(笑)。


高級な食材を使ったものではないですが、シンプルで味わい深いラーメンです。

元々六角家出身らしく、家系をちょい意識したような

甘味のある新しい和歌山風豚骨醤油ラーメン。

いろいろと修行、経験を経てようやく現在の味にたどり着いた感じです。

好きなお店が成長していると嬉しいものです。

他にも季節限定や、つけ麺などメニュー豊富です。

ごちそうさまでした。







神奈川県横須賀市安浦町1-3-8

らあめん島や [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ





住所: 神奈川県横須賀市安浦町1丁目3
営業時間、定休日:
最寄り駅: 県立大学
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2009年12月31日時点の情報です。
ID:0006681806






 私のおすすめ:
ナイシトールと同じ成分! 三九 防風通聖散料エキス錠 360錠 【30日分】

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。