スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那そば やまいち@町田






この日は長津田のがんこに向かいましたが、

臨休でアウトwwww

ツイッターに告知はあったのですが、未確認でした。

最近のお店は殆どやられてますね。

なぜか私には馴染まないなぁ。

JR横浜線・長津田駅の界隈は以前にもあさの系のお店が開店したので訪問したのですが、

その時も同じ臨休でフラれたんですね(笑)

で、その後すぐに閉店ww

短期間の出店でしたな、店名は忘れちまったな。

でも今回は事前情報があったので、注意しないといけませんね。

その流れで横浜線でそのまま町田に移動しました。



(´・ω・`)ショボーン



投稿する順番を間違えてしまい一番いちばんさんと時系列が逆になってしまいましたが、

長津田から移動してから通し営業のこちらに向かいました。

中本と迷いましたが、

個人的なネームバリューでこちらに吸い寄せられた。



やま1


「支那そば やまいち」さんです。

かつて下瀬谷に支店がありそちらを贔屓にしておりましたので、

個人的に大変思い入れのあるお店です。

しかし、その下瀬谷店が昨年?閉店してしまいました。

よく食べ歩きを始めた頃に自転車で自宅から通ったよなぁ。

通し営業だったのでとても重宝しました。

ただ交通の便が良くなかったのが難点だった。

こちらの本店は未訪問でしたので、

一度行ってみたかったのです。

メニューは支那そばの醤油味、塩味、醤油味のつけ麺など。

下瀬谷店では味噌味もありましたね。

無化調を売りにした支那そば。

今回は初めてですが、基本の醤油味を選択した。



やま2


支那そば並700円。


やま3

やま4


無化調らしいスッキリした醤油味のスープは、

優しいけどコクもしっかりしている。

下瀬谷店よりも旨味が複雑でしっかりしている印象。


やま5

やま6


シンプルな具の構成。


やま7

やま8


バラロールチャーシューはほろほろとした肉質で美味しい。


やま9


細麺はプリプリとした食感で少し意外な感じがした。

スープとの相性は特に問題ないけど、

本店ならではなのかな?


やま10


喰った



                              (゚∀゚)ウッーウッーウマウマ



一部下瀬谷店と違う印象を持ったこともあったけど

かつの支店と変わらぬ美味しさを満喫しました。

今後はこちらに通います。

近くには鎌倉家、でくのぼうという淡麗系の実力店があるので

連食も可能なエリアです。

御馳走様でした。









実食日・2015年11月28日

食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13010322/



スポンサーサイト

一番いちばん@町田




最近も忙しくてまた更新が止まってしまいました。

一度に二軒分アップするのは大変な労力を使いますが、

どうしても在庫を減らさないとこれまでのレポが無駄になってしまうから

出来る限り頑張らないと。

夜は徹夜するといい記事が書けないので、早く寝ることにした。

朝早く起きないと家事にも影響するので早く寝ることに決めたのです。

そういう流れでブログの更新が滞ってしまったのです。

今回の久々の記事は、昨年11月下旬のレポ。

「支那そば やまいち」さんで食べた後のことです。

(後述しますがアップする手順が逆になってしまいましたw)


この日は買い物を頼まれていたんだよな。

今ほどではなくとも結構寒い日だった。

町田のお店をかたっぱしからアタックしたけど、

通し営業のやまいちさんに決定した。

その後に向かったのが、夜の部18時オープンのこちら。



一番1



「一番いちばん」さんです。

白河ラーメンのとら食堂の一門ですが、

味はかつてのロックンロールワンのようなネオクラシック系のテイストにかなりアレンジされたもので

仲町台のお店とは大分違います。

久々の訪問で夜の部シャッターでしたが、

開店の時、金原店主が出てきて深くお辞儀をしながら向かえて下さいました。

こういう人柄好きですね。

最近はメニューが増えたんですよね。

生姜中華そば、台湾まぜそば、汁無坦々麺など。

つけ麺も定着したみたい。

迷うところなんですが、久々なんでまたもや中華そばに決定!

いつもこの店ではこうなるのです(笑)(笑)



一番2


ワンタン麺850円。


一番3

一番4


鶏がらメインの醤油味のスープはネオクラ系の醤油ダレがビシっと効いたタイプ。

だけどこの日はやや味わいがいつもよりスッキリと優しく感じられて

修業元の白河とら系に近い味わいに思えた。

物足りなさはないけど、いつものパンチのあるタイプを求めていたので

意外でしたね。


一番5

一番6


歯応えの強い肉質の鶏&豚のチャーシュー。

硬質な味わいで好きですね。


一番7


皮もツルツル、餡もたっぷりのワンタンも大満足!!


一番8


青竹による手打ちの自家製麺は

平打ち太麺で口内でピロピロする食感だけど、

仲町台と比べるとやや緩め。

あっちが完璧すぎるんだよね。

特に不満はなし。




                                  (゚∀゚)ウッーウッーウマウマ





やはり間違いない旨さだったわい!

次回こそサイドメニューにチャレンジしてみます。

武者震いがするねww

普段は早仕舞いが多いので中々訪問出来ませんが、

久々の感激の旨さを堪能しました。

御馳走様でした。






実食日・2015年11月28日


食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13001469/











6辛で再スタート!蒙古タンメン中本@町田

 
薄い味の蕎麦屋さんを後にしてからの食べ歩き。
 
百舌鳥企画での反動からか、もう一軒行きたくなりました。
 
横浜方面を睨んでましたが、何故か相鉄線を大和方面へ。
 
何やらこちらに強い吸引力を感じるのです。
 

 

 
「蒙古タンメン中本」さんです(笑)。
 
(前回の写真でスンマセン)
 
中本@町田店といえば、忘れもしないあの8月の濡れた砂ではなく(古っ)
 
暑い最中撃沈させられた北極の悲劇はまだ記憶に新しい。
 
それ以来、辛い食べ物を敬遠してました。
 
あの桁違いの辛さ、常識外れの凶暴度などから
 
最早、人の食べ物ではないという印象を持ちました。
 
汁を一口啜るだけで、咽てしまい
 
常に水をガブ飲みするなんてどう考えても異常だ(笑)。
 
マニアだけの趣味だと思う。
 
しかし、意外と自分は負けず嫌いな性格なんで
 
何時かリベンジしてやろうと決意。
 
背伸びをせずに徐々に辛さレベルを上げて、
 
チャレンジすることにした。
 
今回は6辛の五目蒙古タンメンに挑戦。
 

 

 

 
五目蒙古タンメン850円+生ビール500円
 

 
スープを一口啜る、
 
「余裕だ」
 
これならイケるぜ!
不安から一気に楽勝モードへ。
確かに5辛蒙古タンメンよりも辛いが、問題なし。
 

 
麺を啜ると、辛味が絡んでいるので口内がヒリヒリして
 
汗をかきまくりだ。
 
中々辛さも厳しいですな、流石中本は格が違うと思う。
 
でも、辛さを強調した分やや味わい深さには欠けているところがある。
 
そこが惜しい。
 
スープは、この店独特のコクが薄く感じる。
 
ラーメンとして美味しく味わえるのは5辛までなのか。
 

 
具は野菜が多すぎる。
 

  
この日は、連食のためかスープ全飲みはキツい。
 
味わいもやや単調に感じられるようになってきたので飽きてしまった。
 
スープを四分の一ほど残した。ビールも飲んでるし(笑)。
 
辛い中の旨さが中本の真髄だが、それを今回は感じることができなかった。
 
6辛は余裕でした。
 
このお店はお腹を空かして挑むのが、ベストですね。
 
次回はそうします。
 
空腹時に6辛で再挑戦するか、少し背伸びして7辛チャレンジが良いか。
 
迷うところですが、無理はしません。
 
いずれ北極には再チャレンジする方向です。
 
ご馳走様でした。
 
本当に自分、何で町田にいるんだろ?(笑)
 
 
 
 
東京都町田市中町1-1-3
 
営業時間
 
11:00~15:00、
17:00~21:00
 
定休日
 
月曜
 
 

白河中華そば一番いちばん@町田(2回目)

 
蒙古タンメン中本での「北極」撃沈後、特に体調に異変は見られないので
 
連食!!
 
この時点では全然平気でしたよ、
 
お尻もなんともないし。
 
大量に汗かいただけなのでこの日の大本命に向かいました。
 


 
「一番いちばん」さんです。
 
白河ラーメンの名門、
 
とら食堂@福島・白河」で修行されたご主人が始めたお店です。
 
このお店も現在、佐野JAPAN所属です。
 
記事にするのは2回目でして、自分のお気に入りのお店です。
 
相方のマジンガーあっさりしたラーメンが意外と好きなので、
 
選択しました。

 
和風ぽいイメージの落ち着きある店内。
 
カウンターのみで広くはないのですが。
 
店内はほぼ満席。
 
寡黙なご主人と若い男性の二人体制でした。
 
佐野氏支配下?でありながら
 
「店主威張り系オーラ」
 
を発していないのが、いいと思います。
 
69のS崎氏と仲いいみたいだけど。
 
ややぶっきらぼうな印象ありますが、感じの悪さはありません。
 
この日の目当ては魚介ダシラーメン(和風ラーメン)ですが、
 
12時前に売り切れランプが…。
 
仕方ないので中華そばのランチセットを頂くことに。
 


 
ランチセット(中華そば+チャーシュー丼)1000円
 
ラーメンはつけ麺を、丼物はシラスご飯を選択することができる。
 

 
相変わらずあっさりしていて美味しい!!
 
鶏の旨みが以前よりも前面に出ている感じです。
 
鶏がらベースに豚骨ダシもいくらか使われているようです。
 
が、北極のあとなんで味覚センサーの感度が鈍いです。
 
こまかい味が判別しずらいようです。
 
舌がヒリヒリする。
 
白河ラーメンは通常では豚のダシは使わないようですので、
 
白河中華そば@仲町台共々若干アレンジされているようです。
 
マイルドあっさりでありながらも、しっかりしたベースの強さを感じる
 
バランスの良いスープです。
 
こりゃ、美味しい!!
 

 
麺は自家製のピロピロした平打ちの太い麺。
 
青竹を使った手打ち麺。
 
の日はコシは感じるが、所々硬い部分があった。
 


 
肉の具はのチャーシュー。
 
鶏チャーシューがこの日は秀逸でした。
 
全体的に軟らかい歯応えで、とても美味しく感じました。
 
今まで食べたお店の中でも、一番くらい美味しかったような。
 
豚はややパサついた感じです。
 


 
チャーシュー丼。
 
ご飯にはタレがかかっておらず、別容器で辛味のあるタレが用意される。
 
分厚い肉は食べ応え抜群です!!
 
あっさりしたやや薄めの味付けも個人的にはいい感じで御座います。
 
流石に連食なんでキツくなってきた。
 
でもなんとか完食です。
 
お腹パンパン。

 
お気に入りのお店の再訪問は、満足度高いです。
 
次回はお腹を空かして頂きたいです。
 
ご馳走様でした。
 
 
 
 
お店を出た数分後、町田駅の近くで急にお腹が痛くなり
 
我慢できず嘔吐してしまいました。
 
二回もです。
 
北極の影響でしょうね。
 
UZの家に行くときも最寄駅から30分歩くのですが、
 
その途中腹痛起こして
 
道に10回近くしゃがみ込んでしまいました。
 
その時、頭の中では今までのいろんな出来事の記憶が
 
蘇っていました。
 
危険ですね。
 
中本とは連食やめたほうがいいですね。
 
かなり尾を引きました。
 
 
 
 
 
東京都町田市中町1-28-24
 
 
営業時間
 
11:30~14:30、
17:00~売り切れ次第終了
 
 
定休日
 
無休
 

 
 
 
 
 

北極で撃沈!蒙古タンメン中本@町田

 


 
 
7日オープンしたばかりの、
 
蒙古タンメン中本・町田店
 
に来ました。
 
遂にあの中本の旨くて辛いラーメンが近場で頂くことができる。
 
何という喜びでしょう。
 
                       
 
自分は4月に目黒店を訪問して5辛・蒙古タンメンを完食して
 
記事にしました。
 
「辛い旨さ」を堪能することができました。
 
嵌りました。
 
それ以来、中本の再訪を目論んでましたが都心が中心なので
 
二の足を踏んでました。
 
中本の初訪問は6年前の新宿店でした。
 
「武蔵」の後の連食でしたが、辛さでは一番大したことない
 
味噌タンメンを頂き見事に撃沈させられたのです。
 
近くの公園で嘔吐を繰り返し、
 
酷い目に遭いました。
 
辛さを克服するには慣れだと思います。
 
いつの間にか自分はある程度、克服していたのです。
 
                         
 
今回は大食いの相方・UZと共に殴りこみをかけました。
 
ヤツと待ち合わせた町田駅で缶ジュースを飲み、
 
まだ開店まで30分あるので
 
暇つぶしに中本の並びにあるドトールで野菜ジュースを一杯飲み干す。
 
女性店員が可愛くて綺麗でした。
 
11:00の開店8分前に、名残惜しさを振り切りドトールを出て
 
中本の店頭に一番乗りで待つ。
 
そして開店と同時に入店し、券売機の前に。
 
どれをチョイスするか。
 
5辛の蒙古タンメンをクリア済みなんで、
 
その上の辛さを選ぶつもりでいた。
 
まず目に入ったのは8辛の冷やし五目蒙古タンメンという、
 
つけ麺みたいなヤツ。
 
これにしようと以前より決めてました。
 
しかし、8辛にするなら9辛でも良いのではと
 
何故か気持ちが揺らいでしまい
 
実際、9辛の最強クラスの辛さ「北極」選択してしまいました。
 
何故そういう選択をしたのかというと、
 
お店の辛さの段階表示が分かりにくいのです。
 
6辛があるのですが、お陰で見落としちゃいました。
 
                          
 
券売機は選んでから決定ボタンを押すのね。
 
珍しいタイプで、UZが引っ掛かってました。

 
辛さ苦手のUZは湯麺の特盛をオーダーする。
 
この時、自分は大きな間違いを犯したことに気づくことはできませんでした。
 

 
北極800円。
 


 
出たー、最強クラスの超激辛ラーメン!!
 
モヤシが豪快に乗り、その下に肉が沢山。麻婆豆腐ではありませんでした。
 
兎に角、山椒系の刺激的な辛味で最凶に痺れまくりそうです。
 
スープを一口、
 
「うう、辛っ!」
 
何だ、この桁違いの強烈な辛さは!口内がヒリヒリします。
 
一口啜っただけで噎せてしまう。キツいな。
 
辛くて痛いだけの食べ物で、
 
スープ味わう余地なしですな。
 
とりあえずスープは厳しいので後回しにして、麺を一口づつ頂く。
 


 
その度に水をゴクリ。
 
鼻水がジュルリと、止まりません。
 
ティッシュでふき取る。
 
そのうち垂れて来ることが、気にならなくなりました。
 
これの繰り返しで、時間の経過を忘れます。
 
お尻よりも目が痛くなりました。
 
山椒は発汗作用が強いのか、汗が止まりません。
 
ああ、一体どれほどの水を飲んだろうか。
 
ああ、一体どれほどのティッシュを使っただろうか。
 
苦しみ喘ぎながら、ただひたすら黙々と我慢しながら
 
痺れる辛さに耐える自分の心には
 
店員さんの威勢のいい掛け声が気になりました。
 
「いらっしゃいませー!」「有難う御座いましたー!」
 
心に突き刺さるので、もう少し静かにできないでしょうか(笑)。
 
時間は30分を経過しました。
 
それでも何とか麺、具を全部平らげる。
 
やはりスープは半分ほど残してしまいました。
 
完食ならず。
 

 
Give Up!!
 
正に悪夢ですな。
 
人間の食い物じゃないです。
 
蒙古タンメンをクリアしたぐらいで調子にのってはいけないという
 
教訓でしょうか。
 
またしても新宿の悲劇の再現となってしまうとは…。
 
今、思い出しても恐ろしくなります。
 
 
こんなに辛いとは想像つきませんでした。
 
暫く北極は封印デス。
 
辛さを売りにした最凶の食べ物ですな。
 
基本的には味わい重視のあっさりしたラーメンが好きな自分には
 
厳しい料理でした。
 
味覚障害の危険性も十分考えられるので、
 
暫くは辛い料理は控えめにしないといけません。
 
無理は絶対に禁物です。
 
でも、諦めるくらいなら挑戦はしません。
 
いずれリヴェンジしたいです。
 
辛さの克服は慣れしかないので、
 
徐々にレベルアップしていくしかないようです。
 
蒙古タンメンのRice Do Bone
 
で楽しむことにしますかな。
 
この時点では体調に異変はありませんでしたので、次のお店に行くことに。
 
懲りないやっちゃなー。 
 
ご馳走様でした。
 
 
 
 
東京都町田市中町1-1-3
 
営業時間
 
11:00~15:00、
17:00~23:00
 
定休日
 
月曜

 
 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。