スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋 みちしるべ@二子玉川

秋もとさんで感激の一杯を堪能した後は、

同じ田園都市線沿線にある某都内のお店を目指して電車に乗るも、

定休日であることを突如思い出して、途中で降りた。

保険が多い二子多摩川駅界隈。

鮎ラーメン以外で一際評価の高いお店があるので前から興味があった。

しかも通し営業。

ここにしよう。


道2


「麺屋みちしるべ」さんです。

ネットで調べたら濃厚魚介豚骨系らしいのですが、

調布にも支店があるそうです。

この時の自分は、「またおま」なら間違いだろうという気分が支配的でした。

15時頃入店すると、店内は先客2名、後1名。

掛け声の高い若い店員さんが迎えます。

券売機でつけ麺を選択する。


道3


♪100%またおま~??

当たる確率の高い「またおま系」なんで気持ちは高まるばかり。

でも中華そばの写真は味わい系ぽくも見える。


道4


つけ麺750円+大盛(ランチ無料)。

やっぱり「またおま」だったww


道5


煮干ベースの魚介出汁に豚骨、鶏ガラ、香味野菜などをブレンドしたつけダレ。


道6


三河屋製麺の太麺は水気が多いです。


道9


作りは濃厚なんだけど味付けが薄くてコクが感じられない。

それと煮干メインの旨味は構成が複雑なんでパンチのなさは致命的かな。


道10


太麺はモチモチして中々なんだけどさぁ、


道11

道12


つけダレが弱いから絡んでもイマイチなんだよね。

後半は麺の水気の影響でつゆが冷めるのが早くなります。


道7

道8


具はこんな感じですww



                                (´・ω・`)



評判はいいのですがね~、

バイトでしょうか??

普段この味でやってるとは思えないのですがね。

ランチを外した時間帯なんで客足はこんなもんでしょうがね。

サイトのレビューなどでの悪い評判も聞かないし、

優良店という認識なんだけど、

バイトでしょうか??

煮干系つけ麺で好きな店は少ないけど再訪は微妙ですな。

御馳走様でした。






実食日・2015年11月25日

食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13134156/

スポンサーサイト

チラナイサクラ@御徒町

花のれんを後にして丸の内線で本郷三丁目駅に移動。

界隈を適当にブラブラ。

日曜で営業しているお店は神勢くらい。

神勢さんはちょっと前に訪問したばかりなので

今回は通過してそのまま湯島方面へ移動した。

大喜さんは終了、浜そばさんをなんとなく躊躇して結局スルー。

そのまま御徒町駅方面に向かいました。

二軒目に相応しいお店が選べないんで、

線路下のフード施設ラーメン横丁のお店で新鮮?イメージのお店を選択した。


チラナイ1

チラナイ2


「中華そば・餃子 チラナイサクラ」さんです。

信州のブランドのボンドオブハートの経営するお店だそうです。

ボンドオブハートと言えば、魚雷さんを体験しましたが、

あまり気に入ってませんww

いわゆる資本系なのかな?

なのでこの店もネットでは中々話題になっておりますが、

個人的にはイマイチ関心薄かった。

横丁の中では一番自分の好みに近そうなので一歩踏み出して入店してみた。

店名、店内内装・装飾など和風のイメージで統一されておりますが、

どことなくやりすぎ的な違和感もあり。

店員は若い男女二名。

まず女性店員さんが浴衣姿で接客しております。

その後男性店員が来て、厨房と接客を交代でこなしてますね。

イメージ先行て印象ですな。

しかし、肝心なのはラーメンの味です!(^^)ニコ



チラナイ3


ワンタン麺900円。


チラナイ4

チラナイ8


ちょい濁り清湯?スープは魚介出汁をほんのり感じる。

意外とあっさりして飲みやすい味わいだ。

多分、動物系と魚介系のダブルかもな味だけど

素材のバランスが良い感じで中々あっさり系スープとして楽しめた。


チラナイ5


ワンタンは餡がたっぷりで味も好みでGOOD!


チラナイ6

チラナイ7


チャーシューは特筆すべき要素は感じないが、

差別化でこうなったのかな。


チラナイ9


平打ち中細?の麺はツルツルした舌触りで、

歯ごたえは柔らかめ。

全体的に何となく蕎麦をイメージするしなやかさを感じる。




                                (゚∀゚)ウッーウッーウマウマ



魚雷で感じた半端なイメージはなかった。

ラーメン全体的に見ても蕎麦ぽい雰囲気もあり、

普通に美味しかった。

主張の強いラーメンが多い中、気分転換にいい味だと思った。

なんとなくかづ屋系を普通ぽくしたよう印象も感じられて良かった。

お店の雰囲気はイマイチ馴染みにくいが、

ラーメンは意外と楽しめたのでまた行きたいと思う。

つけ麺もあるみたいだしどんな味だろう。

御馳走様でした。








実食日・2015年11月14日


食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13176381/

生粋花のれん@茗荷谷


この日は都内にある人気店を狙いました。

日曜は起床が遅めになる傾向あるので、

この日も午後13時半過ぎくらいに自宅を出た。

当然、通し営業のお店に限られる。

しかも日曜の都内だと定休日の店が多いのでハードルが高くなる。

そこで検索に引っかかったのがこのお店でした。



花1



「生粋 花のれん」さんに行きました。

評判の良い、私好みの淡麗系ラーメンを出すお店で貴重な存在です。

ネット情報では店主の奥様が大変美人だというので、配膳前から気になってました(笑)

15時頃入店で、到着時は貸切状態でしたが、後からちらほら2名ほど。

混雑することはなかったです。

この茗荷谷エリアも初めて訪問しますね。

丸ノ内線の沿線は良店の宝庫か?

テーブル席に座る。

奥に厨房があり店主と奥様の二名体制です。

店主の陰になり奥様が見えないww

すると暫くして厨房との間のカウンター席にお客のお兄ちゃんが座ったので

完全に奥様は隠れてしまいました(笑)



花2


味玉醤油ラーメン880円。

見た目はめちゃくちゃ惹かれますね~、

分かっていても期待が膨らんでしまうのです。


花3

花8


色合いは濃いけど、優しい味わいの醤油味。

尖りがなく、クセも強くない飲みやすい安心の味わい。

多分、動物系オンリーだと思うけどとてもスッキリしていて

返ってインパクトが弱く感じた。

ヴィジュアルからもう少しワイルドなタイプを想像してしまい、

肩すかしを喰らったようだ。

期待しすぎてしまったのかな?

非常に評判のいい淡麗系ラーメンですが、

へそまがりの私には物足りなく感じてしまった(笑)


花4

花5

花7

花6


チャーシューは流行りの低温調理か。

品の良い肉質と味でした。


花9


縮れた平打ち麺はピロピロした食感で美味しい。

これは素晴らしいです!!


 

                             (゚∀゚)ウッーウッーウマウマ




まあ、物足りないと書きましたが、安心の美味しさであることは認めざるを得ませんね。

清湯系の醤油味は難しいからね。

次は塩味にチャレンジしてみます。

店の雰囲気はとても良い感じで、店主さんも若くて、奥様も美人。

帰るときにようやくお顔を拝むことが出来ました(笑)

お兄ちゃんがいなければなぁ…(笑)

御馳走様でした。






実食日・2015年11月14日


食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13184374/

田中そば店 秋葉原店@末広町

神勢さんの次は蔵前通りに出て末広町へ向かった。

何故か??

界隈にはレベルの高いお店が沢山あるんですが、

この日は日曜日で殆どが休みだからである。

雅乃屋さん、睡蓮さん、大至さんみな定休日。

末広町には前から気になっているお店が沢山あるから、

ハロショ覗いた後にすぐ近くにあるこちらのお店に入店した。


田中1


「田中そば店 秋葉原店」さんです。

足立区にある有名な博多系豚骨ラーメン、田中商店さんのブランドです。

本店とはコンセプトを変えて喜多方系の塩ラーメンを提供しているようです。

ここは評判もいいので前から行きたかったお店。

数年前に福の神食堂に行くときに探したけど土地勘のなさから見つからなかった。

この頃はまだ向かいのお店がパーツ屋でした。

今はピロピロ麺屋になってます。

外の券売機で食券を購入して入店。

店内はほぼ満席。


田中2


中華そば750円。

初めてなのでベーシックなこれを。

チャーシューのヴィジュアルにそそられますな~。


田中3

田中7


透き通ったスープはあっさりしている塩味、のはずだが

ヴィジュアルは醤油ぽくも見える。

確か喜多方のスープは塩味だと思ったが、どうなんだろう?

味的には醤油というより塩がしっくりくるんだが。

昔からの情報では塩だと認識しているがw

美味しい。

尖りもなくてコクもあるんで安心の美味しさ。

でもね、どこかで食べたことがある味だと思ったら

去年春に食べた田中屋@牛込神楽坂の中華そばと同じ?味だ(笑)

田中屋は同系列のブランドで、メニュー構成もほぼ同じ。

あっちは清湯系の塩ラーメンでこちらよりも透き通ったスープだったな。



田中4

田中5

田中6


厚みがあるチャーシューは溜まらなく旨くて、

特に麺と一緒に食べると快感!


田中8


平打ちの太麺はプリプリモチモチの食感で飛び切り心地よい。

コシもしっかりしているし、当然汁との絡みもバッチリ。

心地よいけど官能とかエロい訳でもないw



                                 ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!



衝撃は幾分和らぎましたが(笑)、

安心の旨さでした。

通し営業なので重宝しますね。

今年の正月に山形辛味噌ラーメンを体験したので、

次は人気の中華そばコッテリをコールしてみようかな?

御馳走様でした。








食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13137336/

神勢@本郷三丁目

この日も午後遅くに解放されたので麺活に遠征しました。

やはり都内ですww

個人的には地下鉄丸ノ内線エリアに注目してます。

今はどこへ行ってもレベルの高いお店が多いから迷いますね。

家を出た時間帯が遅いので通し営業のお店に絞るが、

都内には私好みの清湯系あっさりラーメンがそこそこあるのでそういうところを狙ったのです。



神1

神2



「神勢(かみせ)」さんです。

場所は丸ノ内線・本郷三丁目駅から数分のところ。

近くに大江戸線の同名駅がある。

初めて来た。

界隈には評判の良いお店が多い。

通し営業の嬉しいお店。

この神勢さんは寺子屋の出身と聞く。

寺子屋とは千葉県にあるラーメンを修業する学校のようなところだと思う。

気になるメニューは、醤油、塩の淡麗系に男山ラーメンという二郎インスパイア系、

濃厚な魚介豚骨つけ麺に辛いラーメンといったところだ。

近所い男山ラーメンというお店もあるし何か関連性があるのかな?

店内はニンニクと野菜のあの香りがプンプン漂います(笑)

なので二郎系がもしかしたらメインなのかも知れません。



神3


味玉醤油ラーメン680円。


神4

神10


スープは鶏プラス魚介出汁らしいが、

素材があまり主張しないあっさり醤油です。

かなりあっさりしているのでパンチが弱い。

自分好みのタイプで美味しいけど、なにか残らないんだよね。

メンマがしょっぱい味付けなんで、

それを食べるとスープ全体がしょっぱくなってしまった。

あと今回は麺リフトの撮影を忘れてしまったのだwwww

自家製の細麺でいまどきのしなやかなタイプ。

歯応えは弾力性が弱い普通ぽいやつでした。


神5

神6

神8

神7

神9


具ではチャーシューがなかなか美味しかったかな。

一枚ではちょっと寂しい気も。

メンマも撮り忘れた(笑)




                             (・∀・)
 



まあ普通に美味しかった。

特に問題もなく。

最近、美味しいお店が増えたのでこれくらいじゃ物足りないかも。

他のメニューはめちゃくちゃ気になるので

次回はつけ麺あたりに挑戦したいと思います。

近場には連食しやすいお店がいつくかあるので

再訪します。

御馳走様でした。




実食日・2015年11月1日




食べログのリンク↓

http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13021646/

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。