スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロ麺ズ@弘明寺


3月も残りわずか。

このブログ更新も4日に一度ペースになってしまい定着してしまった。

昨年12月分の数日分しか紹介出来てない。

このところ限定ばかり食べているのでそれも進まない理由だ。

あのリフォーム期間が恨めしい!!

完全にモチベーションが途切れた。

止めたいけど勿体ないからね。

こういう時は無理をしてでも更新をやり遂げるのだ。

ということでレポを紹介します。




たこ1




「ロ麺ズ」さんです。

どんな理由で訪問したのかも忘れましたw

やや遅めのランチでした。

限定も何をやってるのか忘れてました。

券売機に新たな限定麺のタコまぜそばが表示されているのでそれをポチ。

この時点では後藤氏は不在。




たこ2



タコまぜそば900円+大盛100円。

メキシコ料理のタコスをイメージしたまぜそば。

メニューPOPを見ていたのですが重要なことをすっかり忘れておりました。

そのPOPも撮り忘れているしww

なんか最近おかしい。


たこ3


豚ハラミのせトマト煮丼430円。

これは失敗の組み合わせでした。

その理由は後ほど分かります。

トマトの旨味が開店当時より増した印象で、チーズの旨味も強い。


たこ5


タ、タコ。


たこ8


これはドンタコス。

タコとドンタコスで味をイメージ出来るかな?


たこ4


トマト、玉ねぎ、ピーマンなど数種類の野菜を使用。

酸味がなかなか強くて影響が大きい。


たこ6


たこ7


たこ9


チーズなどピザぽい要素もありますね。

確かにAjitoを連想させる味でもありますわ。

濃厚でパンチもあります。


たこ10


後藤麺をマゼマゼ。


たこ11

サルサソースと辛味オイル使用した爽やかな辛い風味が特徴。

味付けは全体的に酸味が強いですね。

チーズや挽肉の濃厚な味わいもしっかりしてますが、

酸味が支配的だという印象です。

後藤麺は説明不要の美味しさ。

パスタなんかより全然心地よい食感ですわ。


たこ12


そして〆スープと一口ライス。

食べ終わると丼底に残るので、それに混ぜて食べるスタイル。

ですが、自分すっかり忘れてしまい全部残さずに食べてしまったw

配膳した女性店員さん、カラっぽの丼を見ながらその丼に入れて下さいと説明されてたなww

なんでこれはリヴェンジ決定ですな。



                            
                                  (・∀・)スースキスースキスー♪




爽やかな辛さのメキシカンな?まぜそばでした。

次回必ず〆スープと一口ライスを!

後藤氏は食べ終わる頃に会いましたね。

そこで豊島ミュージアムの話を聞きました。

忙しそうでしたね。

ロクに会話する暇もなかったです。

ご馳走様でした。




たこ13



帰る途中に発見!

大丈夫か!?と思ったら後藤氏が勧めたそうですww

そうだよね、普通ラーメンに蕪なんて思いつかないよね(笑)










実食日・3月15日

食べログのリンク↓

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14060485/
スポンサーサイト

まえたん@弘明寺

この日も上大岡方面で用事があったので、

遅いランチを弘明寺で頂くことにした。


ま1


「まえたん」さんです。

坦々麺のお店ですが、すっかりお気に入りになりました。

この日は激辛メニューに挑戦すべく訪問しました。


まえ特激辛1


激辛特製坦々麺800円。


まえ特激辛2


まえ特激辛3


自家製?のラー油がたっぷりとかかってますが、

胡麻の風味が濃厚な味わいですね。

旨味にはコクがあり美味しいです。

辛さなんですが、これまた大したことないですww

後からジワジワ来る個人的に苦手系ですが。

調整可能かどうかは分かりません。


まえ特激辛4

まえ特激辛5

まえ特激辛6


感覚的に鋭いものを感じる坦々麺ですが、

白髪葱?が濃厚スープにマッチして良いと思います。


まえ特激辛7



坦々麺て大体細麺ですな?

ツルツルとした啜り心地で良いです。



                (゚∀゚)ウッーウッーウマウマ



個人的には激辛でもないけど、

旨い坦々麺でした。

汗はかなりかきましたね。

ここの坦々麺は好きなタイプなんで、

今後も通います。

近場にあって嬉しいですね。

御馳走様でした。




実食日・2015年11月2日



食べログのリンク↓

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14051259/



まえたん@弘明寺

昨年10月29日のレポ。



ま1


「まえたん」さんです。

もうこの頃になると訪問した時の用事とか思い出せませんが、

当日は中屋さんとの連食でした。

中屋さんでも辛いラーメンを食べたんです。

確か、あまり気に入らなかったんで

まえたんさんで遅いランチで連食したんだと思います。

なかなか評判のいい坦々麺が看板のお店。

坦々麺や中華系一品料理が揃うお店ですが、

自分は汁無坦々麺や四川式麻婆豆腐を既に頂きました。

人気の汁あり坦々麺はスルーしてた理由は、

間違いなく美味しいだろうという勝手な推測をして

後回しにしていたのです。



ま2


特製坦々麺800円。

見た目はオレンジ色が強いですね。


ま6

ま7


スープはベースがすっきりしているのか引き締まった味わいで比較的に飲みやすいタイプですが、

胡麻の風味が濃厚でコクがあって美味しいです。

自家製辣油も決めての一つ。

大して辛くないです。

切れ味の鋭さを感じる美味しい坦々麺ですね。


ま3

ま4

ま5


具の野菜類も濃厚スープに対し切れ味で対抗し、和らげる役割かな。


ま8


中細ストレート麺がとてもいい感じです。



                               (゚∀゚)ウッーウッーウマウマ



安心の美味しさでした。

近所に本格的?な坦々麺のお店があって、しかも通し営業とはとても嬉しいことですw

ここは中華一品系メニューとのセットメニューもなかなか充実してますし

楽しみが多いです。

今後もお世話になります。

御馳走様でした。





食べログのリンク↓

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14051259/



ロ麺ズ@弘明寺

今回も限定麺のレポです♪


蕪1


蕪2

蕪3


「ロ麺ズ」さんです。

当ブログでは二度目の紹介となる店舗ですが、

昨年8月にオープンした後藤氏の3店舗目のブランドになります。

前回は年越しそばもどきを紹介しましたが、

今回は昨年12月8日より開始された限定麺のレポです。



蕪1


今回も平日限定の提供となってます。

これまで以上に手間がかかるので、

もしかしたら昨年の12月中に終了もあると仰ってました。

年を明けて今のところやってるみたいですが。

早めにトライしてください。


蕪2


蕪の塩つけ麺950円+大盛100円。

森やのメニューからパクッたそうだがw今回も味の想像がつかない。


蕪3


豚ハラミとトマト煮のせ丼430円。

値段が高いから手が出にくいけど、思い切って選択しました。

旨さ、豪華さは抜群の丼で、

トロトロの豚ハラミがゴロゴロで、

今回は酸味のあるトマトが多めになりましたね。


蕪4


つけダレは塩味。

ベースはレギュラー麺と同じで蕪の擂りおろしが大量に入っているそうです。


蕪5


今回も個性的な脇役?が揃ってます♪


蕪12


つけダレは、蕪の味わいが広がりながらもキレがある塩味。

尖りのない円やかさもありましてコクも十分。


蕪9


主役である蕪の切り身ですが、

これがめちゃ旨いんです!!

大根よりも美味しい蕪は初めて食べます!!ww

蕪がこんなに旨いとは初めて知りました。


蕪10


豚しゃぶもこれでもかとゴロゴロ入っており、嬉しい悲鳴ですね。


蕪11


このメンマもいい味付けをしており、啜りのやつより小さくて味付けも違いますが

ご飯と一緒に食べたいです。

軽く茶碗一杯いけますww


蕪13

蕪14

蕪15


ツルツルでコシの強い平打ち風の麺も汁との絡みはいいですね。

モロヘイヤ絡ませなくても十分です。

レベルの高い後藤麺は箸が止まりません!!


蕪6

蕪の擂りおろし。

蕪7

モロヘイヤ。

麺に絡み過ぎて大変でしたが…(笑)

蕪8


今や当店名物とも言える豚タン。

初めて食べた時より美味しく思えるのですが。


蕪16

食べ終わりが近づくと、スープとライスが来ます。

蕪17

残ったつけダレの〆ですね。

蕪18


食べまくったwwww

後藤氏のお店に行くと、ついつい馬鹿食いしたくなる。



                                           (((o(*゚▽゚*)o)))



ラーメンの食材としての蕪に対する認識がまるでなかったので、

全く読めませんでしたが、

旨味がたっぷりで違和感どころか素材を活かしまくりでした。

昇天するよな旨さでした(笑)

いや、本当に旨かったですよ。

いつまでやるかこれも分かりませんが、

興味のある人は早めに行かれることをお勧めします。

ロ麺ズにつけ麺が定着することを望みます。

御馳走様でした。




↓参考にさせて頂きました。

http://logiura.blog71.fc2.com/blog-entry-3067.html




ロ麺ズ@弘明寺で年越しそばもどき


G麺さんで年越しそばもどきを満喫した後は、

初の年越し限定麺を提供するロ麺ズさんへ移動。

上大岡から京急線で移動。

やっぱ京急だと楽だわww


ロ年1

数量も限定とは頭になく、19時前に到着。

昼間かなり出たらしく31日は早めになくなりそうだと…。

食券購入時、券売機が正常に作動せず入金出来ないという珍しいトラブルがあった。

店員さん、後藤さんが対応しても中々復旧せず、

業者さんに問い合わせて一件落着。

原因はメニューボタンが押されたままの状態になっていたからだとか?

先客は1名。

後からゾロゾロと来たけど半分埋まった程度。


ロ年2

年越しそばもどき醤油味500円。

2軒目でご飯もクリアしているので並を一杯で。

見た目はかつての限定の本枯節ラーメンにクリソツですが、

中身は全然違うそうです。

そうでなくちゃ、意味がないもんね。


ロ年4

ロ年6

ロ年7


葱やら小松菜やらカイワレやらの野菜の具は、

シャキシャキした食感でとても良いアクセントになりますね。


ロ年5

ロ年3

ロ年9


スープは鰹出汁と基本の動物系のWスープの醤油味で、

蕎麦ライクであっさりして美味しいですね。

本枯節限定は比較対象としては不適切なのかも知れませんが、

それよりもスープに厚みがあり旨味がしっかりしてコクが感じられるのです。

毎日食べたいラーメンかな。

隣ので食べてるおっちゃんもレギュラーで食べたいと言ってましたが、同感です。


ロ年8


豚タンですが、これも肉質が軟らかくて美味しさもアップしたように感じました。


ロ年10


G麺よりもやや太めの中太?麺ですが、

モッサリして蕎麦を太くした感じですw

啜りの塩つけ麺の太麺にちょっと感覚が似てるかなと思いました(笑)




                                  (((o(*゚▽゚*)o)))




蕎麦ぽいスープに感激したぜ!!

G麺よりこちらのほうが好きかな。

大盛でじっくりと味わうべきですね。

これは塩味もあるので31日出来れば頂きたいんですが、

店内連食したいかな(笑)

でもこれやると他の客に迷惑かもね。

大晦日はなんとしても塩味を食べたい。

啜りの鶏白湯もあるからな、どっち先に食べるか悩む。

営業時間的には啜りが先だね。

あっちも残は少ないはずだし。

31日は食べ納めだ!

御馳走様でした。







プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。