スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激辛拉麺・鷹の爪@行徳

 
「石ばし」で一時間も費やした後、向かいました。
 
船橋か行徳か本八幡で迷いましたが、時間が押し迫ってきているので
 
駅から近いお店を「理由」に選択しました。
  


 
「激辛拉麺・鷹の爪」さんです。
 
茨城大勝軒系の麺屋こうじグループだそうで、今年オープンしたようです。
 
激辛というだけあり、辛いラーメンを売りにしたお店です。
 
なんでまた懲りずに辛い系を選んだのでしょうか、自分は。
 
行徳エリアは毎年訪問してますが、
 
駅から近いことがこのお店を選んだ最大の理由です。
 
この時点で時刻は21:00。
 
翌日は会社なんでどうしても早めに終らせたかったのです。
 
本命は「がんこ」でしたが、上の理由から外さざるを得ませんでした。
 
非常に残念。
 
いろんなブロガーさんの記事でよく見かけますので、興味を持ってました。
 
大通り沿いの立地で、いかにもラーメン屋ぽい佇まいです。
 
店員さんは二名、とても優しい感じの良い接客です。
 
カウンター席のみ。
 
辛いラーメン店を選んだのは、特に理由はありません。
 
話題性ですかね。
 
この時点では、中本で散々な目にあってましたので注意を払い
 
控えめな辛さをチョイスすることに。
 
券売機を見ると「オススメ」と目立つ色合いで表示されたメニューがある。
 
鳳凰DXだ。
 
よーく見ると激辛で辛いのが好きな人向けとか書いてあった。
 
あぶなかった。注意して良かった。
 
兎に角、急いでいるので辛くないメニューで目に入ったのはつけ麺。
 
これに決定。

 

 
旨辛つけ麺800円。
 
オーダー時、甘辛い味と酸味の効いた味のどちらかの選択があり
 
甘辛い味を選択する。
  
 
つけダレは甘い!
 
辛さも効いていて汗をかくのだが、甘さが強調された味わいだ。
 
ストレートな甘さで、味に深みを感じない。単調というか。
 
何の素材で構成されているのかは分からないが、動物系ぽい。
 
具には小さい挽肉胡麻が入っている。
 



  
麺には元々、かなり薄い味つけの餡がかかって提供される。
 
太麺は軟らかめだがそこそこにコシもあり、まあまあかな。
 
味わいが単調なせいで、全てが無駄に豪華という感じ。
 
                                

 
兎に角、帰ることが優先されたので
 
あまり料理に集中できず興味が失せました。
 
焦って食べてました。
 
苦手系かな?
 
辛いはずのラーメンなのに、超意外な甘い味にダウンて感じでした。
 
辛い系とは言えない味かな。
 
このメニューは個人的にもうないでしょう。
 
天河水@下永谷と同レベルかな(笑)。
 
                                 
  
唐揚げが乗っているジャンクなラーメンがあるようですので、
 
次回は是非メインであるそちらの料理を頂きたいです。
 
辛いんだけどね(笑)。
 
何時になるか分かりませんが、
 
次回は余裕を持って訪問したいです。
 
ご馳走様でした。
 
 
 
 
 千葉県市川市行徳駅前1-21-13
 
 
営業時間
 
11:00~23:00
 
不定休

 
 
スポンサーサイト

駅近くの人気店!つけ麺石ばし@蘇我

 
蘇我にやってきました。
 
房総旅行の帰り道、どの店に行くか何時も迷いますが
 
今回は予定通りのこのお店に訪問デス。
 
このお店の情報を知って以来、千葉に行ったら必ず訪れることに決めてました。
 
それほど自分としては気になるお店なんです!!
 
蘇我というエリアはちょっと前までは、ラーメン不毛地帯でしたが
 
利用回数が多い駅なんで有力店の登場は嬉しいデス。
 


 
 
「つけ麺石ばし」さんです。
 
二年前にオープンしたお店です。
 
千葉県・津田沼の名店として知られる「必勝軒」の出身です。
 
必勝軒は気が遠くなるような大行列で有名ですね。大変です。
 
六厘舎ブーム以前は、青葉@飯田橋と並びつけ麺の最高峰と思ってました。
 
それゆえ六厘舎的味わいの濃厚つけ麺は、最初やりすぎだと思いました。
 
今では濃厚系つけ麺が近所のあちこちにできたので、
 
当然食べる機会が多くそちらが普通になってしまいました。
 
現在は必勝軒テイストからは大分遠のいてます。
 
それだけに今回の訪問は楽しみにしてました。
 
                                                     

 
駅からすぐ近くにあります。
 
情報では必勝軒のように並ばずに済むと言われてましたが、
 
十分並んでました(笑)。
 
既に人気が定着しているようです。
 
まあ、土曜日の夕方ですし。
 
13人待ちで、大学生ぽい若い兄ちゃんたちやカップル、家族連れなどです。
 
30分外で待ち、店内へ。
 
カウンターのみで10席ほど、結構狭いかな。
 
店員は二名。
 
ご主人が従業員を指導してます。
 
必勝軒ゆずりの厳しい修行です。
 
外で注文したので、すぐに配膳されました。
 
情報によると、良くも悪くも必勝軒ゆずりの味だそうです。
 
期待しちゃいます!

 

 
つけ麺並(200g)750円。
 

 
動物系素材と魚介ダシをMIXしたつけダレ。
 
濃厚さはあるが、サラリとした食感でクドくない。
 
魚介のダシが前面に出ている。自分好みだ。
 
しかし、一口目は味が薄く感じた。
 
酸味は突出していない。
 
必勝軒の味とはちょっと違うかと思った。
 
今時の濃厚つけ麺を食べ慣れているせいかも知れません。
 
でも食べ慣れてくるとあまり薄く感じなくなったけど。
  
旨味が十分ですが、味付けは満足するには薄めだと思いました。
 
滅多に来ない場所なので、味を忘れるのも当然といえば当然か。
 


 
自家製麺は中太麺でコシもあって美味しい。
 



 
麺と汁の絡みがイマイチかも。
 
不満なレベルではありませんが、良いほうではないと思います。
 
                          
 
魚介ダシが強い自分の好きな味ですが、
 
若干味付けの薄いことが気になりました。
 
総合的にはレベルの高いお店ではないかと思います。
 
十分オススメできるつけ麺だと思います。
 
どうしても必勝軒と比較しちゃいますが、
 
全てにおいてイマイチ及んでないような気がします。
 
よし、今度必勝軒に行ってみよう!(笑)
 
かつて感動した味を確かめてみたいです。
 
自分の舌が肥えてしまったのかも知れません。
 
北極の呪いもありえるし。
 
この味を忘れないうちに津田沼を訪問したいんだけど、暑いからなあ。
 
ご馳走様でした。
 
必勝、必勝てすいませんでした(笑)。
 
 
 
 
千葉県千葉市中央区今井2-4-9
 
 
営業時間
 
11:30~14:00、
17:30~21:00
 
月曜
 
17:30~21:00
 
定休日
 
日曜
  
 
 
 

本格的な勝浦式坦々麺!!松野屋@勝浦・松野

 
 
さあ、いよいよ大本命の
 
本格的な勝浦式坦々麺にトライする時がきました。
 
事前に情報を調べたのですが、勝浦式の人気店は「江ざわ」というお店が
 
認知度No1でした。
 
しかし、そのお店は鴨川市へ既に移転しているので断念。
 
マンションから近いお店に絞ると、それでも駅や市街地から遠く離れた
 
山の中の国道沿いのお店ばかりでした。
 
車を運転できない自分は、バスを利用ぜざるを得ません。
 
気の遠くなる話だ。
 
勝浦のご当地グルメであるラーメンを知るには絶好の機会であることには
 
変わりありません。
 
そこでチョイスしたお店は二軒、「原田商店」、「松野屋」です。
 
この二軒は偶然にも近所同士なので、ハシゴ決定!!
 
特に「原田」は飛びぬけて評判が良いみたいで、行列ができるそうです。
 
お店の所在地は、地図で見るとかなり遠い山の中です。
 
ローカルバスなので、ダイヤが1、2時間に一本くらいで
 
帰りの時間も考慮しなければ大変なことになります。

 
もしパスしてしまったら、暇をつぶす場所がないので
 
酷暑の中を過ごさねばなりません。
 

 
勝浦駅から大多喜行きの小湊バス国道297号を遥々と
 
15、20分ほど。
 
そんな感じで、バス亭「松野」で降りました(370円)。
 
総野郵便局の手前の道を左に入って坂を上ります。
 
ありました原田さん。ん?並びがないですね。
 
店の前に来ました。
 


 
張り紙が…。ガーン!
 
本日臨時休業。
 
こんなところまで来て、フラレるとは。
 
悪運強し、というより事前の情報収集を怠っていたのです。
 
しかし、これが後々大危機を救うことになるのでした。
 

 
気分を切り替え、松野屋さん目指します。
 
帰りのバスダイヤは13:2315:53がいいでしょう。
 
この時の時刻は12:10でしたので、
 
13時台を外すと大変になります。
 
その点を踏まえて行動します。
 

 
のどかだなあ、民家もありますが歩いている人を見かけませんね。
 
バス車内もお年寄りが多いです。
 
山道は近くにコンビニも何もないです。暇をつぶすところがないです。
 

 
二軒行ったら間違いなく、
 
13:23ダイヤに乗り遅れたことでしょう。
 
原田の臨時休業に救われたのです。
 
もしお店が営業していたら、向こう見ずの自分は
 
確実にハシゴするでしょう。
 
恐ろしいことです。
 
 
バス亭「松野」からひとつ先のバス亭「高砂屋前」を過ぎたところに
 
ありました。
 


 
「松野屋」さんです。
 
こちらも地元で評判が良いお店です。
 
店は昔ながらの大衆的な中華料理屋ですね。
 
内容的にも中華料理屋らしく、豊富なメニューをそろえております。
 
店内も広く、カウンターは10席ほど四人がけテーブル席も2席あります。
 
お座敷も四人がけ三席ほどあるのでゆったりと過ごせます。
 
この日も様々な客層で賑ってました。
 
家族連れ、国際武道大の学生、地元の職人などです。
 
駐車場もあります。
 
男性のご主人に女性従業員3名です。
 
みなさん感じの良い接客でアットホームな雰囲気が店内を包み込んでます。
 
人気ぶりが伺えますね。
 
どのメニューも評判宜しいのですが、
 
多くの人は季節柄かタンタンつけ麺をオーダーしてました。
 
しかし、自分はもちろん勝浦式タンタン麺を注文です。
 
この時、頭の中は帰りのバスのことでいっぱいでした。
 
時刻は12:20くらいでした。
 
不安で仕方なかったです。

 

 
 
坦々麺800円。
 
具は白髪葱、細かい挽肉、玉葱。
 
スープは醤油味で、ラー油と唐辛子がかけられており
 
大蒜スライスもあります。
 
本格的な勝浦式坦々麺は、一体どんな味でしょうか?
 

 
一口啜ると「辛い!」
 
辛さを前面にだしたスタイルです。
 
醤油味のスープに、ラー油と唐辛子を効かせたもの。
 
正に勝浦式という味わい。
 
「中本」と同じような素材の構成ですが、違う味わいです。
 
爽やかな辛さを主張しております。
 
特徴的なのは、辛いだけでなく大蒜のおかげでコクがあります。
 
こりゃ、美味しいです!!
 
個人的にはツボに来る旨さです。
 
上大岡タンタンなどとも、対等に渡り合える美味しさだと思いました。
 
しかし、個人的な嗜好からするとスープの量が麺に対して多すぎるかな。
 
玉葱も多すぎると思う。
 

 
具は全体的に寂しい。肉の増量を求む!
 

 
麺はストレートの細麺で、若干軟らかめ。
 
スープとの相性が考えられていないのかな?
 
ボソッとした食感で、やや個性も弱い感じがする。
 
細い麺は意外でした。
 
でも昔ながらの、そこそこ味のある麺かな。
 
                                                                  
 
勝浦式坦々麺は、辛さを売りにしています。
 
コクがあって非常に美味しかったです。
 
気に入りました。次はタンタンつけ麺を食べたいです。
 
その他のラーメンメニューも評判いいみたいですよ。
 
                                  
 
ここが美味しいとなると余計に原田が気になります。
 
評判ではかなり辛いそうです。
 
むせるような辛さだと聞いてます。
 
自分にとって行列が懸念されますが。
 
ゲンチャリ免許とろうかな?
 
                                                                      
 
 

  
あと、余談ですが自分が注文したビールの写真を見ると分かりますが
 
お店の人の勘違いでビール容器のキャップが入っていたようです(笑)。
 
自分、会計の時まで気づかなかったです。
 
間違った店員さんのほうが先に気がついたのです。
 
そういえば珍しい氷が入ってるなあ、て思いました(笑)。
 
楽しいひと時でした。
 
ご馳走様でした。
 
 
 
千葉県勝浦市松野658-1
国道297号線沿いにあります。
最寄バス亭「高砂屋前」
駐車場7台
 
 
営業時間
 
11:00~14:00、
17:00~22:00
 
定休日
 
月曜

 
 
 
 

かつうらーめん!!本格中華あまからや@勝浦

 
夏休みで勝浦に数日間滞在しました。
 
マンションの近場を歩いていると通りから奥に入ったところに、
 
何やら興味深いのぼりを発見しました。
 
「勝浦式坦々麺」
 
町のあちこちのお店でよく見かけるようになったのです。最近のことですが。
 
喫茶店、カフェでも坦々麺たタンタンつけ麺などがメニューボードにあります。
 
町興しでしょうか。
 
盛り上がっているように思えます。
 
事前にラーナビで注目店をチェックしました。
 
そのうちの1軒を紹介します。
 




 
「あまからや」さんです。
 
ここ1、2年に移転したようです。
 
前はラーナビ掲載されてませんでした。
 





 
 
中華料理屋が本業のようで、数々の中華一品料理をそろえてます。
 
清潔感のある店内、お客さんで賑わっておりました。
 
厨房はご主人と思しき男性と奥さんと思しき村上里佳子似の女性の
 
二名体制。
 
接客は年配の体の悪そうな女性1名。
 
以前TVでも紹介されたようで、地元で人気があるようです。

 
 
早速、注文しようとしたが勝浦式坦々麺以外にも評判のよいメニューがあるようで
 
そちらを選択する。
 
夏にピッタリのラーメンだそうです。
 
注文時に接客の人に声をかけたんだけど、体の悪そうなおばちゃんは
 
客席に来ようともせずに
 
カウンターに腰をかけたままでこちらの注文を聞こうとしている。
 
何度も「すいません」と言ったにもかかわらず重そうな腰を上げようともせず
 
自分に「注文は何?」と聞いてきた。
 
体が悪そうなので答えてやったが、今度行ったとき同じことをやったら
 
怒鳴りつけてやるからな!! このク○ババア
 
こんな酷い接客は初めてでした。
 
ド○舎だから許されるのでしょうか?

 

 
鶏糸涼麺(チイスウリャンメン)680円。
 



 
完璧なまでに透き通ったスープ、具は細切りの鶏肉、葱、インゲンなど。
 
冷やしラーメンの類のようです。
 

 
一口啜ると、鶏でダシをとったような塩味で、
 
スッキリした淡麗な味わいです。
 
神奈川のそれほど奥深いタイプではありませんが。
 
胡椒も効いて味わいのバランスもいいです。
 
油こさもないですし、冷やしラーメンとしての味は問題なく美味しいです。
 

 
ただ、氷が小さすぎて冷やし加減が今ひとつ。
 

 
麺がフニャフニャして軟らかすぎます。
 
冷やしラーで麺が軟らかいのは致命傷です。
 
全体的に完成度は低いと言わざるを得ませんね。
 
冷やしラーメンになってません。
 
スープの美味しさは問題なしですが。
 
今後の更なる精進に期待しましょう!
 
 

 
小子湯麺(ショウズタンメン)値段忘れたー。
 
これが勝浦式坦々麺にあたるものです。
 
表記には坦々麺と書いてないので、お店の人に聞きました。
 
この時は再訪問でして、例の感じ悪いおばちゃんはいませんでした。
 
他の人による普通の接客でした。
 



 
醤油スープにラー油と唐辛子の辛味を効かせて、
 
スープの上に挽肉、竹の子、椎茸などを含む餡かけを乗せたもの。
 
辛味は刺激的ではありません。普通に汗をかく程度の爽やかな辛さ。
 
大蒜も効いて結構なコクがあります。
 
スープは醤油の味わいが強く表れてます。
 
ピリリと辛い、ボディのしっかりした醤油味の坦々麺もいいですよ。
 

 
麺は中細でプニプニした歯応えある食感でいいです。
 
存在感がある美味しい麺です。
 
こちらは大正解でした。
 
                                  
 
勝浦式坦々麺は評判で聞かれるタイプとは違うようですが、
 
これはありだと思います。
 
中華テイストで普通に美味しい辛いラーメンです。
 
中々楽しめるラーメンでした。
 
冷やしラーメンは、もう少し技術を煮詰めてほしいです。
 
                        
 
 
他の中華系ラーメンが気になるところです。
 
お店としてはかなり楽しめそうな感じでしたYO!
 
また勝浦に行ったら寄ろうかな。
 
ご馳走様でした。
 
この後、本格的な勝浦式坦々麺のお店へ訪問します。
 
 
  
住所
千葉県勝浦市勝浦?
 
 ラーナビでの表記は移転前のもので、 
 ヤフー地図で位置を現在の店の場所に修正しました。
 
 
 
電話番号
0470―73―1450
 
営業時間
11:00~20:00
 
定休日
木曜

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

赤坂味一@船橋

 
夏休みで房総勝浦へ行く途中、ラーメン屋巡りをしました。
 
毎年、東京か千葉で旅行の行きと帰りにお店に訪問してます。
 
ぽつぽつ屋@小伝馬町蘭丸@西大島菜@本八幡葫@行徳がんこ@行徳
 
あたりです。
 
必勝軒@津田沼には暫く行ってないなあ。
 
今回は未訪問のお店に狙いを定め、事前調査の結果こちらのお店へ。
 



 
「赤坂味一@船橋」さんです。
 
船橋エリアでラーメンを頂くのは始めてです。
 
船橋といえば幼少の頃から、自分にとって馴染み深い町なんです。
 
このエリアも調べると激戦区のようで、実力店がひしめきあっています。
 
今回、選んだ理由は魚介系のラーメンを味わいたいからです。
 
界隈でこのお店以外、2,3軒をチェックしました。

 
駅から少し歩いて市役所の近くにありました。
 
昔ながらの店構えで、今時のラーメン屋とは違いますね。
 
若い人はそそられないでしょうね。
 
入口扉を開けるとプーンと魚介ダシのいい匂いがします。
 
「これは望んでいる味だろう、間違いなさそうだ」
 
芳醇な香りが充満する店内は広く、カウンター10席以上あり
 
テーブル席もいくつかあります。総数30席くらいかな。
 
年配の男性が厨房を30代か20代くらいに男性が接客を担当してます。
 
二名体制です。
 
混んでます。ほぼ満席です。
 
地元に根付いた人気店でしょうね。
 
老舗ぽい雰囲気ですが、詳しいことは分からず。
 
ニボラーと聞いてたので、期待が高まります。
 

 
チャーシュー麺650円。
 
自分はチャーシュー麺は滅多にたのまないのだが、なぜか。
 

 
鶏がらベース?で魚介ダシ(煮干)を効かせた評判通りのニボニボ和風ラーメン。
 
油が表面を覆っていて最後までスープを熱々で頂ける。
 
味は基本あっさりだが、油によるコッテリ感もある。
 
煮干のダシは良く香っていて非常に好みでエグい感じだが、
 
同時に苦味も出てしまっている昔ながらの中華そば。
 
苦味がカエシの上品な甘味を消し去っているのが残念といえば残念だ。
 
「永福町大勝軒」や「むらもと」が近いイメージかな。
 
ニボが後引く美味しさです。
 

 
地元業者で仕入れているらしい中太麺は、硬めでコシがあって歯応え十分。
 
コッテリ気味の力強いスープに負けません。相性の良い美味しい麺です。
 
量が多く、食べ応えあるラーメンだなあ。
 

 
チャーシューは辛めの味付けで好きなタイプです。
 
                        
 
あっさり系のニボラーですが、そこそこコクがあり美味しかったです。
 
ただニボの苦味が出ていたのは少し残念でした。
 
ブレていたのでしょう。
 
日吉大勝軒もこれぐらいコッテリ具合を抑えてくれたらと思います。
 
まあ、全体的には理想に近い美味しい煮干系ラーメンでした。
 
兎に角、大勝軒並に量が多くハシゴを考えてましたが断念しました。
 
「麺屋荒木竈の番人」とか他にも行きたかった。
 
ご主人と息子さんのテキパキとした仕事振りも、好感がもてますし
 
それが満員の来客に表れているようです。
 
感じの良いお店だと思います。
 
CPもメインのラーメンが500円ですよ!相当な量のはずですが。
 
総合的には気に入りました。
 
ちょっと良い感じのお店でした。
 
船橋も面白いエリアだなあ。
 
お腹いっぱいで満足です。
 

 
ご馳走様でした。
 
 
 
千葉県船橋市湊町2-2-19
 
 
営業時間
 
11:00~16:00
 
定休日
 
日曜
 
  
 

詳しい地図で見る
 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインのカウンター
FC2掲示板
ブロとも一覧

虹を翔る覇者 (RISING-M ブログ)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。